移動平均線とは?

株式投資をするうえでは株式チャートを使用することが欠かせませんが、株式投資におけるチャートの見方としましてはさまざまなバリエーションがありますので、株式相場の状況にしたがって分析することが大切になります。

そのようなバリエーションのたくさんあるチャート分析ですが、テクニカル分析のひとつとして移動平均線というものがあります。移動平均線とはわかりやすく言いますと、過去の一定期間の株式の終値を平均化したものをグラフに表したものを指します。移動平均線はテクニカル分析のなかでもメジャーな方法ですから、多くの方が移動平均線を参考にしながら株式投資をおこなっていますので、株式相場がこの先上がるのか、それとも下がるのかといったことを予想するひとつの手段になるわけです。

テクニカル分析の移動平均線は、過去の株式の終値をグラフ化したものですが、参考にする移動平均線としましては50日線や200日線といったものが一般的となっています。しかし、短い期間である5日線や15日線といったものまでたくさんありますので、自分が参考にしやすいテクニカル分析をおこなうことが大切です。

このように、株式投資をするにあたって非常に便利なツールが移動平均線だと言えますが、実際に株式投資をするときには、さまざまなテクニカル分析を組み合わせながら見極めることをおすすめします。株式チャートによるテクニカル分析をおこなうことによって、効果的な株式投資を実践することができますので、移動平均線はもちろんのこと、ほかのさまざまなテクニカル分析の方法を試してみるということがポイントになります。株式投資をするためにはテクニカル分析を利用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です