フィボナッチとは?

投資には、様々なテクニカル分析がありますが、中でも世界中の人から支持されているのがフィボナッチになります。では、このフィボナッチとはどのようなテクニカル分析なのでしょうか、見ていきましょう。

まずフィボナッチとは投資に特化したものではなく、様々な自然現象の中に見ることができる数字のことで、隣り合った2つの数字の和を繋げていって作られる数列のことです。

数列は1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144、233・・・と続いていき、自然界の中や人間の体にも、この数列を見つけることができます。また数列ではひとつおきの数字の比率は1対2.618に、ふたつおきの数字の比率は1対4.236に、限りなく近づいていくという性質もあります。

この比率を投資に用いてテクニカル分析として使われるのですが、中でも最も使われているのがフィボナッチ・リトレースメントになります。

リトレースメントとは引き返すという意味で、高値から安値、もしくは安値から高値へ価格が進んでいった後、反転したときのターゲットとなる値幅を測ります。
高値から下がってきた場合、23.6%、38.2%、50%、61.8%で価格が止まり反転上昇するポイントとして分析をしていきます。
50%はフィボナッチ比率出はないのですが、半値戻しとして注目されるポイントになり、これらのポイントを押し目買いや戻り売りのポイントとして注目されます。
そして、このリトレースメントで反発して、トレンドが続いていく場合、どこまでトレンドが進むのかを測るのにフィボナッチ・エクスパンションを使います。

他にもフィボナッチはタイムゾーンやファン、アークなどがあり、世界中のトレーダーが参考にしている為、非常に有効なテクニカル分析として人気となっています。

フィボナッチ分析を得意とする個人投資家のブログなども面白く、参考になりますよ。